様々な大きさのレンズがある

>

新亜光学工業のレンズ製品の特徴

製造しているレンズや精密部品

新亜光学工業はレンズ部品を主に開発、製造しています。一眼レフカメラや監視カメラ、スマートフォンのカメラに使用されているレンズにも一役買っているのが特徴です。
高い技術力を持ち、厳しい基準で製造を行なうため、様々な企業からの信頼も高く、多くの製品に利用されています。厳しい検品をクリアした製品だけを扱うので、どの製品も高い品質で提供され、多くの分野で影ながら貢献していることも新亜光学工業の特徴でもあります。
監視カメラは防犯やセキュリティ面、顕微鏡や望遠鏡などは研究面で役立ち、医療関連でもカメラがなくては精密な検査も行なえません。今やカメラは人々の暮らしに必要不可欠な存在です。そんなカメラも良質な光学レンズがなければ正常に機能しません。また、レンズが高品質でも、レンズを活かす機能を確立できていなければ、性能の良いカメラには成り得ません。そのため、新亜光学工業ではレンズだけでなく、それを活かすための部品やシステムの開発も行なっていることが様々な企業から信頼を得ていると言っても過言ではありません。

時代に合わせて開発を怠らない姿勢

新亜光学工業が国内外の様々な企業から信頼されているのは、常に時代に合わせた開発を怠らない姿勢にあります。
精密機械は時代の移り変わりから発展し、ここ数十年で様変わりしました。従来の変わらないものもいくつかありますが、新しくレンズを搭載した機器も多く登場し、幅広い分野でレンズの需要が高まっています。新亜光学工業では従来の製品を経て、さらに多くの分野で活かせる光学レンズの在り方を常に考案しています。そのレンズを余すことなく活かせる鏡筒やシャッターユニットの開発など、その時代に必要な要素を取り込みながら開発を行なっています。
レンズの製造に欠かせない環境設備や不純物の除去システムなども、その状況に合わせて臨機応変にしっかり変えていくことが新亜光学工業の魅力と言えます。従来の方法だけでなく、新しい製造方法や原料、部品の考案を常に行ない、企業としての進化も怠らないことが国内外から支持される部分であるのです。


この記事をシェアする

TOPへ戻る